総合TOP サイトマップ お問い合わせ Bayer Group
医療関係者の方 患者さんとご家族
皮膚症状

■ 手足症候群(発現頻度:55.2%)

● 症状

発現のピークは1~2週間です。服用開始から2ヵ月程度は特に注意が必要ですが、それ以降も皮膚の変化には注意してください。
手のひらや足の裏にチクチク感、ヒリヒリ感といった皮膚の違和感、ほてり感、赤く腫れる、角質が厚くなるなどの症状(手足症候群)があらわれることがあります。
手足症候群の多くは、普段から圧力や摩擦のかかるところ、角質が厚くなっているところにあらわれます。
手足症候群を放置すると痛み、水ぶくれなどができ、手を使った日常的な活動や歩行が困難になることがあります。
手足症候群

● 対処法及び予防方法

手足症候群を予防するためには、普段から手足への過剰な刺激を避け、保湿剤を用いて皮膚を保護し、乾燥や角化・角質肥厚を防ぐことが重要です。症状があらわれた場合でも、軽いうちであれば、保湿剤を用いたスキンケアを継続したり、適切な処置を行うことで治療を継続することが可能です。
重症化を防ぐためには、発現した症状を見逃さず、早期に適切な治療を行うことが重要です。この様な症状があらわれた場合、がまんしたり、ご自身の判断で服用を止めたりせず、すみやかに医師・看護師・薬剤師に連絡して指示に従ってください。
「手足症候群予防のためのセルフケア」については参考 手足症候群予防のためのセルフケアをご参照ください。
初期症状 軽度 中等度 重度
他覚的な皮膚の変化を伴わない、自覚的な皮膚の違和感(チクチク感等) 痛みを伴わないわずかな皮膚の変化※1または皮膚炎 痛みを伴う皮膚の変化※2;身の回り以外の日常生活動作※3の制限 痛みを伴う高度の皮膚の変化※2;身の回りの日常生活動作※4の制限
  軽度 中等度 重度
  軽度 中等度 重度
※1. わずかな皮膚の変化:紅斑(ほてり感、赤い腫れ)、浮踵(むくみ)、角質増殖症(角質が厚くなる)
※2. 皮膚の変化:角質剥離(表皮がはがれる)、水疱(水ぶくれ)、出血、浮踵(むくみ)、角質増殖症(角質が厚くなる)
※3. 身の回り以外の日常生活動作:食事の準備、日用品や衣服の買い物、電話の使用、金銭の管理等
※4. 身の回りの日常生活動作:入浴、着衣・脱衣、食事の摂取、トイレの使用、薬の内服等。
自立した生活を行う上で必要な最低限の身の回りの動作
画像提供:昭和大学病院皮膚科
本冊子もしくは「ネクサバール錠服用ダイアリー」の巻末にあるチェックリストを利用して、すみやかに症状や経過を医師へ提示し、適切な処置方法やスキンケアについてのアドバイスを受けてください。

参考 手足症候群予防のためのセルフケア

手足症候群は、普段から圧力や摩擦がかかったり、角質が厚くなっているところにあらわれやすい傾向があります。
予防するには、日頃から皮膚への刺激や圧迫を防ぐと同時に、保湿クリームを塗るなどして皮膚を乾燥から守ることが大切です。

足の保護

足にあった履きやすい靴、柔らかい中敷を使用しましょう。
・足にあわない小さめの靴、革靴、ハイヒール、 健康サンダルは避けましょう。
足の保護
木綿の厚めの靴下を着用しましょう。
屋内ではスリッパを使用しましょう。
長時間の歩行や立ち仕事、ジョギング等は控えましょう。

手の保護

木綿の手袋を着用しましょう。 手の保護
圧のかかる手作業は控えましょう。 ・長時間の筆記、雑巾絞り、固いふたの開け閉め、包丁仕事、土仕事等。
水仕事は出来るだけ避けましょう。
水仕事を行う際には、保湿剤を塗布後、 木綿の手袋の上にゴム手袋をして行いましょう。
重い荷物を持つことは控えましょう。

その他の注意点

熱いお風呂には入らない (40℃までを目安とする)。
長時間の入浴は避けましょう (入浴時間を10分程度にする)。
その他の注意点

保湿

手を洗った後や入浴後は、皮膚が 乾燥しないようにすみやかに保湿剤を塗布する習慣をつけましょう。
就寝時には保湿剤を塗布後、 木綿の手袋・靴下を着用しましょう。
その他の注意点

■ 発疹(発現頻度:40.7%)

● 症状

服用を開始して比較的早い時期に、顔、頭皮にピリピリ感、熱感、かゆみを伴う発疹や体に赤い発疹があらわれることがあります。
発疹
画像提供:昭和大学病院皮膚科

● 対処法及び予防方法

通常は発症しても軽度であり、多くの場合、無処置・塗り薬・内服薬により早期に回復し、ネクサバール錠による治療を継続することができます。直射日光や熱いお風呂に入ることを避け、皮膚の保湿クリーム・ローションなどによるスキンケアを行い、入浴やシャワーにより皮膚を清潔にしてください。

まれに、全身が赤くなって皮膚がはがれる症状[剥脱性皮膚炎(発現頻度:10%未満)]があらわれることがあります。この様な症状があらわれた場合には、医師・看護師・薬剤師に連絡して指示に従ってください。

発疹を防ぐための対処法

直射日光を避けましょう。 発疹を防ぐための対処法
日焼け止めを塗布したり、帽子を かぶったりして日焼けを避けましょう。
皮膚の乾燥を避けるために、保湿クリーム・ ローションを頻回に塗布しましょう。
就寝前には保湿剤を塗布し、手袋を着用しましょう。
入浴やシャワーを毎日行い、皮膚を清潔にしましょう。
刺激や洗浄力の強い石鹸の使用、熱いシャワーは避けましょう。
まれに、眼の充血、口内、くちびる、外陰部などの粘膜のただれ と発熱を伴う全身の発疹やみずぶくれを生じる重症の薬疹 [多形紅斑重症型(発現頻度:1%未満)、スティーブンス・ジョンソン 症候群<皮膚粘膜眼症候群>(発現頻度:不明)]があらわれることがあります。この様な重症の薬疹があらわれた場合、直ちに服用を中止し、医療機関へ緊急連絡し、指示に従ってください。

■ 脱毛(発現頻度:36.6%)

● 症状

毛髪が薄くなることがあります。

● 対処法及び予防方法

従来の抗がん剤に比べて、ほとんどの毛髪が抜け落ちるほどの脱毛の発現頻度は高くありません。また、服用を継続中に自然に回復する場合もあります。現在のところ、特別な対処や有効な予防方法はありません。