総合TOP サイトマップ お問い合わせ Bayer Group
医療関係者の方 患者さんとご家族
服用のタイミングで気をつけることはありますか?
高脂肪食は、このお薬の作用を弱めることがあります。
高脂肪食をとった場合には、食事の1時間前から食後2時間までの間を避けて服用してください。
高脂肪食の摂取
 高脂肪食:約900~1,000kcal(脂肪含有量 50~60%)
高脂肪食とは脂肪分が多く、高エネルギーな食事のことをいいます。 一般的に家庭で作る日本食では高脂肪食になる可能性は低いですが、外食時には高脂肪食になる可能性が高くなります。 油脂類(揚げ物やバターなど)の摂取時は特に注意が必要になります。また、デザートの中には脂肪分が多いものがあり、食後に一緒にとってしまうと全体の脂肪量が増えて高脂肪食となることがあるので合わせて注意が必要になります。
高脂肪食の例
BLTサンドイッチのセット
1086kcal
資質=66.0g
脂肪含有率:54.7%
てりやきバーガーとポテト
957kcal
資質=60.1g
脂肪含有率:56.5%
デニッシュとトースト
1027kcal
資質=56.5g
脂肪含有率:49.5%
ハンバーグとオムライスのセット
918kcal
資質=51.7g
脂肪含有率:50.7%
ペペロンチーノとクリームスプパイ
921kcal
資質=55.8g
脂肪含有率:54.5%
取りの唐揚げ、子持ちシシャモ、だし巻き卵
938kcal
資質=59.4g
脂肪含有率:57.0%
高脂肪食の例
BLTサンドイッチのセット BLTサンドイッチのセット BLTサンドイッチのセット BLTサンドイッチのセット
※上記は外食時の一般的な量、調理法によるモデルの料理について栄養価を算出しています。
食事指導:女子栄養大学 栄養クリニック 主任 栄養クリニック准教授 管理栄養士 栄養学博士 蒲池 桂子