総合TOP サイトマップ お問い合わせ Bayer Group
医療関係者の方 患者さんとご家族
腎がんの薬物療法について教えてください
ネクサバール錠は「分子標的治療薬」と呼ばれる新しいタイプの薬です。分子標的治療薬とは、がんの増殖に関係する細胞内の特定の分子(タンパク質)を狙い撃ちして効果を発揮する薬をいいます。
ネクサバール錠は、がん細胞の増殖にかかわるタンパク質に作用して信号(シグナル)をブロックし、がん細胞の増殖を抑えます。さらに、血管新生をもたらす信号経路に作用して血管新生を防ぎ、栄養を枯渇させて、がん細胞を〝兵糧攻め〟にします。
ネクサバール錠は、この2つの効果によって、がんの進行を抑えます。
ネクサバールの効果