はじめに
高額療養費制度とは
高額療養費制度をどのように利用するか?
自己負担限度額一覧
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
治療後に払い戻しする場合
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
治療前の手続きの場合
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
複数または長期にわたる支払いの際には
計算事例
自己負担限度額計算例
(70歳未満)
自己負担限度額計算例
(70歳以上)

よくあるご質問
HOME > 高額療養費制度とは

医療費の仕組み

医療費の仕組み

医療費とは、病気やケガでかかる診察費や治療費のことで、わが国の国民皆保険制度により、通常、医療費の7割を医療保険が負担し、残り3割を一部負担金として患者さん自身が自己負担することになっています※。しかし、自己負担金は医療費の総額が増えると、当然増加していきます。そこで、自己負担金の上限(自己負担限度額)を決め、それ以上かかった場合は保険者がまかなって、患者さんの負担を軽減する仕組みが高額療養費制度です。
※医療費の自己負担の割合は年齢・収入・医療保険の種類(保険者)などによって異なります。

高額療養費制度には様々な細かい規定や条件があります。加入している医療保険の種類によって、制度の名称や利用できる条件が異なります。本サイトでは高額療養費制度の基本をご説明いたしますが、詳細は加入している医療保険や治療を受けている医療機関にご確認ください。
高額療養費制度をどのように利用するか?:詳しくはこちら⇒