はじめに
高額療養費制度とは
高額療養費制度をどのように利用するか?
自己負担限度額一覧
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
治療後に払い戻しする場合
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
治療前の手続きの場合
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
複数または長期にわたる支払いの際には
計算事例
自己負担限度額計算例
(70歳未満)
自己負担限度額計算例
(70歳以上)

よくあるご質問
HOME > 用意する費用が少なくてすむ制度

用意する費用が少なくてすむ制度もあります

まだ治療前でも、高額の医療費の支払いが事前に見込まれる場合があります。そのような場合には、保険者に申請して限度額適用認定証の交付を受けておくことで、病院の窓口での支払いを自己負担額まで軽減することができます。

限度額適用認定証が利用できない場合には、高額療養費受領委任払制度を利用することで、支払いを自己負担額まで軽減することができます。
注:高額療養費受領委任払制度が利用できる医療機関、医療保険は限られています。

①限度額適用認定証
限度額適用認定証を病院窓口にあらかじめ提出しておくと、支払いが自己負担限度額までになります。
※70歳以上の方の場合には、認定証がなくても窓口負担は自己負担限度額まで軽減されます。
限度額適用認定証:詳しくはこちら⇒

②高額療養費受領委任払制度
①の限度額適用認定証制度を利用できない場合、高額療養費受領委任申請書を病院窓口に提出しておくと、支払いが自己負担限度額までとなります。高額療養費の請求・受け取りを、病院に代行してもらう方法です。
高額療養費受領委任払制度:詳しくはこちら⇒