はじめに
高額療養費制度とは
高額療養費制度をどのように利用するか?
自己負担限度額一覧
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
治療後に払い戻しする場合
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
治療前の手続きの場合
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
複数または長期にわたる支払いの際には
計算事例
自己負担限度額計算例
(70歳未満)
自己負担限度額計算例
(70歳以上)

よくあるご質問
HOME > 払い戻しには手続きが必要です

払い戻しには手続きが必要です

自己負担限度額を超えて支払った場合、超えた分の払い戻しを受けるためには手続きが必要です。これが、①高額療養費払い戻し申請です。ただ、申請から支給まで3ヵ月程度かかるため、その間の支払いにあてる資金を無利子で融資する②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度もあります。

①高額療養費払い戻し申請
手続きをしてから2~3ヵ月で自己負担限度額を超えて支払った金額が払い戻されます。これは2年前までさかのぼって適用されます。
高額療養費払戻し申請:詳しくはこちら⇒

②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
医療費支払いのためのお金を無利子で借りることができる制度です。高額医療費貸付制度を利用した場合、患者さんが負担するのは自己負担限度額までの一部負担金のみとなります。残りは保険者が患者さんに代わって医療機関に支払います。
高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度:詳しくはこちら⇒