はじめに
高額療養費制度とは
高額療養費制度をどのように利用するか?
自己負担限度額一覧
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
治療後に払い戻しする場合
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
治療前の手続きの場合
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
複数または長期にわたる支払いの際には
計算事例
自己負担限度額計算例
(70歳未満)
自己負担限度額計算例
(70歳以上)

よくあるご質問

多数該当

同じ世帯(同じ保険証に名前が載っている方)で、1年以内に、高額療養費の運用が3回以上あった場合には、4回目からは自己負担額が引き下げとなり、さらに負担が軽減されます。これを多数該当といいます。これは2年前までさかのぼって適用することができます。

例えば、患者さんが現在、1月~4月まで高額療養費の支給を受けている場合、4月分以降からは、自己負担限度額が軽減されます。以降は引き下げられた限度額を超えた分が、申請により返金されます。