はじめに
高額療養費制度とは
高額療養費制度をどのように利用するか?
自己負担限度額一覧
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
治療後に払い戻しする場合
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
治療前の手続きの場合
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
複数または長期にわたる支払いの際には
計算事例
自己負担限度額計算例
(70歳未満)
自己負担限度額計算例
(70歳以上)

よくあるご質問
HOME > 治療後に払い戻しする場合 > 自己負担額計算方法

払戻し申請のための、自己負担額計算方法

計算式

自己負担額(A)*-自己負担限度額(B)**=高額療養費払い戻し額(C)
*:自己負担額(一部負担金として窓口で実際に支払った分)
**:高額な医療費の場合に負担する自己負担の限度額

注意事項

  • 事後に高額療養費の払戻し申請の手続きをする場合は、病院に支払った金額である自己負担額(A)がいくらか算出しなくてはなりません。
     
  • (A)の自己負担額(窓口で支払った金額)が、(B)の自己負担限度額(高額療養費で定められた自己負担の限度額)を超えた場合、申請が可能です。高額療養費払い戻し額(C)が払い戻されます。

計算の手順

  1. 自己負担額(A)を証明するため、領収書を集めます。
     
  2. 領収書を月ごとにまとめます。
    ※1日~末日までが一まとめとなりますので、診療が月をまたいでいる場合は、それぞれの月に分けます。
    ※70歳未満の場合は医療機関ごとに分ける必要があります。
     
  3. 領収書中の該当する金額を月ごとに合算してください。