はじめに
高額療養費制度とは
高額療養費制度をどのように利用するか?
自己負担限度額一覧
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
治療後に払い戻しする場合
①高額療養費払い戻し申請
②高額療養費支払資金貸付制度/高額医療費貸付制度
治療前の手続きの場合
①限度額適用認定証
②高額療養費受領委任払制度
複数または長期にわたる支払いの際には
計算事例
自己負担限度額計算例
(70歳未満)
自己負担限度額計算例
(70歳以上)

よくあるご質問
HOME > 高額療養費の計算方法

高額療養費の計算方法

1. 高額療養費の計算シミュレーション
あなたの高額療養費の金額がどのくらいになるのか、計算してみましょう。操作手順は指示に基づき入力するだけです。
1ヵ月間の医療費の合計金額
年齢
収入
の3つを入力してください。

70歳以上と70歳未満との違い、および所得金額の違い(所得区分)によって取り扱いが異なります。患者さんごとに高額療養費、自己負担限度額が算出されます。
2. 領収書の見方
■保険医療機関の領収書について
保険医療機関(病院や診療所)で、診療(入院・外来)を受けて医療費を支払った際に受け取る領収書には、点数が記載されています。これは診療報酬点数(1点の単価=10円)といい、医療費算定の基本となるものです。

もし、領収書の点数に疑問がある場合は、医療機関に費用計算の明細書の交付を求めることができます。

医療費の領収書には、保険医療機関(病院や診療所)が発行するものと保険薬局が発行するものがあります。一般に保険医療機関における診療報酬は、投薬、注射、検査などの実績額を積み上げた出来高評価により算定する出来高払い方式ですが、厚生労働大臣が定めた病院(DPC対象病院:例えば大学病院、国立がん研究センター、国立循環器病研究センターなど)の患者については、包括評価の方式による医療費の算定が行われます。

下記の例は包括評価方式の領収書です。

■領収書の算定区分