総合TOP サイトマップ お問い合わせ Bayer Group
医療関係者の方 患者さんとご家族
手足症候群
質問

副作用で手足症候群が出ても治療は続けられるの?

答え

患者さん自身による予防や適切な対処を行うことにより重症化を防ぎ治療を続けることが可能です。

手足症候群は多くの患者さんにあらわれますが、予防により重症化を避けることができます。
手足症候群があらわれた場合は、塗り薬などによる治療が必要なこともあります。また、医師の判断でネクサバール錠の服用を減量したり、中止したりすることもありますが、ほとんどの患者さんは治療を続けることができます。
症状がひどい場合でも、適切な対処を行うことで回復が期待でき、ネクサバール錠による治療を再開できます。
手足症候群予防のための対処法については、こちらを参照してください。

イラスト