総合TOP サイトマップ お問い合わせ Bayer Group
医療関係者の方 患者さんとご家族
高血圧
質問

肝細胞がんの治療には高額の医療費がかかるのでは?

答え

高額療養費制度を活用すれば、一定の金額以上かかった医療費は払い戻しされます。

重い病気などで病院などに長期入院したり、治療が長引く場合には、医療費の自己負担額が高額となります。そのため家計の負担を軽減できるように、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される高額療養費制度があります。このため、高額療養費の申請は忘れずに行うようにしましょう。申請してから費用が払い戻されるまでは、2~3ヵ月程度の期間がかかります。この間の家計負担を軽減するため、保険者が医療費を貸し付けてくれる制度もあり、払い戻しが見込まれる額の8割程度を貸りることができます。
70才未満の方でも届け出により、入院費用の窓口での支払いを自己負担限度までにとどめることができるしくみもあります。また、支払った医療費は確定申告で医療費控除を別途うけることができます。

※保険外併用療養費の差額部分や入院時食事療養費、入院時生活療養費の自己負担額は対象になりません。


ネクサバール錠によるがん治療では、医療費がとても高額になる場合があります。経済的な心配を出来るだけ少なくし、より良い治療がきちんと受けられるように、このような公的制度を上手に利用してください。

高額療養費制度と自己負担額について 【詳細を見る】

不明な点があれば病院の窓口等に確認してみましょう。なお、高額療養費制度の詳細については、下記のホームページ等で確認できます。実際にご利用になる場合は、これらのホームページ等で最新の情報をご確認ください。

厚生労働省ホームページ

全国健康保険協会ホームページ:高額療養費

イラスト