総合TOP サイトマップ お問い合わせ Bayer Group
医療関係者の方 患者さんとご家族
日常生活での注意点

女性の患者さんは、妊娠しないよう十分気をつけて下さい。
ネクサバール錠の服用によって胎児に影響を与えるおそれがあります。

  • 必ず避妊をして下さい。
  • もし、妊娠に気付いたら、もしくは妊娠の可能性がある場合は直ちに医師にお伝え下さい。

ネクサバール錠によって血圧が高くなることがあります。

  • 血圧の測定を定期的に行って下さい。
  • 日常生活ではストレスをためないように、普段通りの生活を送って下さい。具合の悪いときは無理をせず、体調管理をしっかり行いましょう。
  • 治療は医療スタッフと患者さんが1つになって進めていくものです。診察の際、疑問点、気になることなどあれば遠慮なく相談して下さい。
イラスト:薬剤師に相談