総合TOP サイトマップ お問い合わせ Bayer Group
医療関係者の方 患者さんとご家族
肝細胞がんの診断

肝細胞がんのほとんどが肝硬変あるいは慢性肝炎を合併しています。このため、血液検査により、肝機能や肝臓の障害の状態を知ることが大切です。この他に、最近ではAFPやPIVKA-Ⅱなどの腫瘍マーカーによる診断も行われています。さらに詳しく調べるために、CTやMRIなどの「画像診断」が併せて行われることもあります。

肝細胞がん自体による症状は、かなり進行するまで認められず、多くの場合は診断時には無症状です。主な症状は、慢性肝炎や肝硬変に伴うものです。

<主な症状・症候>

慢性肝炎・肝硬変による肝機能障害に基づくもの

  • 全身倦怠感
  • 食欲不振
  • 腹部膨満感
  • 黄疸 など

肝細胞がん(進行している)自体によるもの

  • 腹痛・腹部膨満感
  • 貧血・出血
  • 肝臓部分の疼痛・しこり