総合TOP サイトマップ お問い合わせ Bayer Group
医療関係者の方 患者さんとご家族
治療方針の決定にかかわる進行度分類と肝障害度

<肝細胞がんの進行度分類と肝障害度>

肝細胞がんの治療方針を決定する際には、患者さんの病気の状態を正しく把握することが重要です。そのため、肝細胞がんの進行度を評価するための進行度分類や、肝臓の機能を評価する指標が用いられます。

<進行度分類>

肝細胞がんの進み具合は腫瘍(大きさ・個数・拡がり)、リンパ節転移、遠隔転移の状態を基に、肝癌取扱い規約では以下のように分類されています。

病期

 

病期Ⅰ

下記条件の①②③すべてにあてはまり、リンパ節転移、遠隔転移なし

病期Ⅱ

下記条件のうち2項目があてはまり、リンパ節転移、遠隔転移なし

病期Ⅲ

下記条件のうち1項目のみあてはまり、リンパ節転移、遠隔転移なし

病期Ⅳ

下記条件のすべてにあてはまらず、リンパ節転移、遠隔転移なし
または、下記条件に関係なくリンパ節転移または遠隔転移がある

条件

 

①腫瘍の個数が1個

②腫瘍の大きさ2cm以下

③脈管侵襲なし(腫瘍が血管の中に広がっていない状態)

 

日本肝癌研究会 原発性肝癌取扱い規約 第5版より改変

イラスト:他の臓器への転移
(画像をクリックすると拡大します)

<肝機能の評価>

肝機能の評価の指標には肝障害度またはChild-Pugh分類が用いられます。
肝障害度及びChild-Pugh分類ともA、B、Cの3段階に分けられます。
Aが最も肝機能が良好であり、Cが最も不良であることを示します。

肝障害度及びChild-Pugh分類における肝機能はおおよそ次のような状態を表します。

肝障害度A
Child-Pugh A

ほぼ通常の肝機能を保っており、自覚症状がない

肝障害度B
Child-Pugh B

肝機能は低下しており、肝障害の症状を時々自覚する

肝障害度C
Child-Pugh C

肝障害が重く、いつも自覚症状がある

肝障害度は腹水、血清ビリルビン値、血清アルブミン値、ICG R15(%)、プロトロンビン活性値(%)を基に、判定されます。 Child-Pugh分類はICG R15(%)の代わりに脳症が用いられます。

主な症状・症候

慢性肝炎・肝硬変による肝機能障害に基づくもの

  • 全身倦怠感
  • 食欲不振
  • 腹部膨満感
  • 黄疸 など

肝細胞がん(進行している)自体によるもの

  • 腹痛
  • 腹部膨満感
  • 貧血
  • 出血
  • 肝臓部分の疼痛
  • しこり