手足症候群がよくわかるQ&A

第2章 日常生活で気をつけること Q-13 手足を保護するには、どうしたらいいの?
/ 第2章 日常生活で気をつけること

手足症候群は、手や足の圧力や摩擦のかかるところに多くみられます。手足の皮膚に強い刺激を与えないように心がけましょう。

手の場合

  • 木綿の手袋を着用しましょう。
  • 圧のかかる手作業は控えましょう。 長時間の筆記、雑巾絞り、固いふたの開け閉め、包丁仕事、土仕事など。
  • 水仕事はできるだけ避けましょう。
  • 水仕事を行う際には、保湿剤を塗布後、木綿の手袋の上にゴム手袋をして行いましょう。
  • 重い荷物を持つことは控えましょう。

Q-13 手足を保護するには、どうしたらいいの? 手の場合

足の場合

  • 足にあった履きやすい靴、柔らかい中敷を使用しましょう。 足にあわない小さめの靴、革靴、ハイヒール、健康サンダルは避けましょう。
  • 木綿の厚めの靴下を着用しましょう。
  • 屋内ではスリッパを使用しましょう。
  • 長時間の歩行や立ち仕事、ジョギング等は控えましょう。

Q-13 手足を保護するには、どうしたらいいの? 足の場合

適正使用・安全性情報

  • ネクサバール錠作用機序Movie
  • ネクサバール主要文献情報