手足症候群がよくわかるQ&A

第1章 手足症候群とは? Q-01 手足症候群とはなに? / 第1章 手足症候群とは?

「手足症候群」とは、抗がん剤によって手や足の皮膚の細胞が障害されることで起こる副作用です。 ネクサバール®錠による手足症候群は、服用開始1~2週間が最も出やすく、手のひらや足の裏が痛くなったり、赤くなったリ、ときに水ぶくれができたりします。
手足症候群を起こしやすい抗がん剤としては、ネクサバール®錠以外にも主に乳がんや大腸がん、婦人科がん、腎臓がんに用いられている一部のくすりがあります。

Q-01. 保湿剤を使うと手がベトベトするのが気になりますが、どうしたらいいの?

初期症状として、チクチク感・ヒリヒリ感といった手足の皮膚の違和感があらわれることがあります。

適正使用・安全性情報

  • ネクサバール錠作用機序Movie
  • ネクサバール主要文献情報